«ふたばこども園»は、岡山市北区の幼保連携型認定こども園です。園での生活や友達とのふれあいの中で、一人ひとりの意欲を培い、子どもの自律性を育てます。

 

ブログ

   
ブログを通して、保育園の子どもたちの様子をお伝えします。お楽しみに!
 
フォーム
 
おじいちゃんおばあちゃんふれあいデー
2018-09-07
 今日は、「おじいちゃんおばあちゃんふれあいデー」がありました。残暑の厳しい中、たくさんのおじいちゃんおばあちゃんにお越しいただきました。園におじいちゃんおばあちゃんが来られると「おはようございます!」「おじいちゃんたちがたくさんきたよ!」と子どもたちの嬉しそうな声が聞こえていました。全体会では、園長先生のあいさつから始まり、先生たちのハンドベル・トーンチャイム演奏できれいな音色が遊戯室に響いて心地よい時間が流れました。次に、みどり組さんが「げんこつやまのたぬきさん」の手遊びをしたり、「ホホホ」という元気な歌をプレゼントしてくれました。小さい子も笑顔で参加でき、楽しい全体会になりました。この後は、各クラスでおやつやお集まりの様子を見ていただいたり、ふれあい遊びやおじいちゃんとおばあちゃんと一緒に制作をしたりしてたくさん遊んでもらいました。どのおじいちゃんおばあちゃんも自分のお孫さんだけでなく、クラスの子どもたちみんなに優しく声をかけていただいて、みんな笑顔で楽しい時間を過ごしていたように思います。おじいちゃんおばあちゃんにはお忙しいところご参加くださりありがとうございました。
 
芳明小学校フリースクールお楽しみ会
2018-08-03
 今年も芳明小学校フリースクールのお兄さん、お姉さんたちが「影絵」や「手遊び」などの楽しい出し物をしに来てくださいました。朝、お兄さんお姉さんたちが出し物の道具を運んでくる姿が見えると、子どもたちは「わあ、どんなことをするのかな?」と、とても楽しみにしている様子でした。(ふたば保育園の卒園児も来てくれて成長した姿が見られて嬉しかったですよ!)
 お楽しみ会では、体の部分を使った楽しい手遊びから始まり、小さいクラスの子どもたちも一緒になってお兄ちゃんお姉ちゃんの真似をしていました。影絵では、「こころはどこにある?」というお話を手作りの影絵を動かしながらしてくださいました。きれいな色の登場人物などが次々と出てきて子どもたちは「わあ、きれいだなあ」と、集中して見ていました。他にもパネルシアターもありました。たくさんの手遊びやお話を見せてもらってとても楽しい時間を過ごすことができました。
 芳明小学校フリースクールの皆さんには、猛暑の中来てくださりありがとうございました。また来年も楽しみにしています。
 
山で遊ぼう
2018-07-11
7月10日(火)みどり組の子どもたちが岡山市立少年自然の家へ行って山の体験をしました。
午前中は子どもたちが楽しみにしていた「ザリガニ釣り」がありました。ザリガニ釣りではするめを竿に付けて、池の中に垂らして様子をうかがっていました。最初はなかなか釣れませんでしたが、ザリガニがするめをつかんだのを確認してからゆっくりと竿を上げるなど、コツをつかんでたくさん釣ることができました!10匹以上釣っている子もいましたよ!
 谷川体験は前日の大雨の影響で川の増水があり、足場も悪くて実施できませんでしたが、山の散策をしたり、ネイチャーゲーム(自然の中に隠れている物を探すゲーム)をして楽しみました。山中の植物を見たり、松ぼっくりを拾ったりしながら、自然を満喫しました。山道をたくさん歩いて疲れていましたが、とても良い体験ができました。
 保護者の方には準備等ありがとうございました。愛情たっぷりのお弁当をとてもおいしそうに食べていました。
 
 
 
プールで遊んだよ!
2018-06-26
プール開きがありました。朝登園してきた子どもたちは、プールに水がたまっているのを見ると「今日はプールがあるよ」「早く入りたい」とみんな楽しみにしていました。園長先生にプールのお祓いをしてもらって、みどり組の代表の子がお酒と塩と米をプールの四つ角にまいて、プールを清めました。8月末まで、安全に楽しくプール遊びを楽しみたいと思います。
天候が悪い日や職員の監視体制が十分に確保できない日には、プール遊びはありません。
 
地域貢献活動「心が育つふれあい遊び講座」
2018-06-25
 6月23日(土)宮川福祉会主催の地域貢献活「心が育つふれあい遊び講座」がありました。当日は地域の方やこども園に通っている親子などたくさんの方が参加してくださいました。ありがとうございました。
 ふれあい遊びでは、「一本橋こちょこちょ」などのくすぐり遊びや、体の部位をくっつけて遊ぶ「なかよしこっつんこ」、膝にのせて揺らして遊ぶ「おうまのおやこ」など、小さい子から大きい年齢の子まで一緒に楽しむことができました。お父さんお母さんが笑顔で語りかけることで、子どもさんはとても嬉しそうな表情をしていてとても心が温まったのではないでしょうか?
 講座の中で「乳幼児期の心の育ちについて」のお話もしていきました。"三つ子の魂百まで”と言われるように、小さいときに情緒的な絆や、基本的信頼関感など子どもの心を育てておくことが、将来子どもが成長していく過程で大切であることもお話していきました。
 現在、共働きの家庭も増えてきて「子どもとふれあう時間がない」と言われる方も多くなってきていますが、時間がなくても子どもと関わる「質」を良くして関わることが大切ですね。是非、ご家庭でもふれあいの時間を大切にしていただきたいと思います。
 

▼お気軽にお問い合わせください

▼お気軽にお問い合わせください
 
<<社会福祉法人宮川福祉会 ふたばこども園>> 〒700-0952 岡山市北区平田122-102 TEL:086-805-1313 FAX:086-805-1551